2015/07/24 中継ぎ 石目仕上げ

中継ぎ 石目仕上げ

中継ぎの仕上げにはいろいろありますがこの作業は純銀板を加工して作り出す。

ロウ付けして輪状に、中継ぎの大きさに合うようにたたきだし、上下管で2枚接合部分ピッタリと
合わせ大小のヤスリ、ケサゲ、鋸、ペーパーなど使い三線石目のように削り出していく。
手間暇のかかる作業である。銀三線籐巻より重くなるがこの輝きと時間と共に銀の渋みがお好みの
愛好者には楽しいことでしょう。

製管する側としては数多くはご遠慮したい!それよりも良く鳴ることだ!


2015/07/13 修理の見積もり

修理の見積もり
唄口の素材は象牙もしくは黒水牛の動物性のため虫が食います取り替えられますがワレと共にご注意を!

ワレ 虫食い 中継ぎのゆるみ などの見積もりをいたします
ご一報とご送付を ☎03-3980-1741 引地まで

2015/07/09 容山尺八修理

容山尺八修理

唄口の入れ替え修理

琴古型(富士山)から都山型(月)にまたは逆の場合でも少し修理痕が残ります。
写真で見るとよくわかりますが実際にはそれほど気にならないと思います
入れ替え修理は一度だけです



この修理費用は 10,000円+消費税


2015/07/02 和楽器尺八 容山の素材は

和楽器尺八 容山の素材は
容山銘尺八の高級管と言われる素材は寒気に掘り出される竹藪の中で年一本あるか無いかの貴重な素材です。色艶、自然譜の美しさ 節間 抱き節の絞まり 根株加減 太さと丸味 などなど吟味し高級管A>B>Cとして地下倉庫にねかされます、
尺八は天然素材の真竹を生かした美しい和楽器である。
手に取り吹きこなすごとに主の持ち味を吸収し素材自体が生き返る
尺八の制作に長年携わりながらいつも思うことである。

2015/06/29 中継ぎ 石目三線

中継ぎ 石目三線
石目三線 この作業も一枚の銀板からヤスリで切り出していく。
手間暇のかかる作業でたくさんはできない。まずは片方づつ。

輪状にロウ付けをして中継ぎの太さに合わせて、鋸で三線を切り出す
ヤスリ、切り出しナイフ、ペーパー、磨き粉、いろいろな道具を使い丸み帯びふっくらと仕上げていく。途中機体自体に熱を帯び直に触れないほどだ、さましながらの作業になる。

2015/06/24 容山尺八制作中継ぎ

容山尺八制作中継ぎ
中継ぎの銀三線工程
銀線とそれを支える銅版の大きさを合わせてロウ付けをする

銀線は初めは針金のように丸みがあり、それでは竹にそぐわないないのと合わせる竹自体も丸みが微妙違っている。ハンマーでたたきながら少しづつ合わせていく作業

こうして一本いっぽんづつ工程をこなしながら尺八に仕上げていく。

2015/06/12 バイオリン奏者川井郁子女史と容山

世界でご活躍のブァイオリニスト川井郁子氏が容山工房を訪れ西洋楽器奏者から見た和楽器の面白さ
奥深さを探りながら日本独自の音色を生み出すには、どのような技、工夫があるのか、またそれぞれの楽器が今どのように伝統を生きているのか考え匠の思いを伝える

TOKYO MX1、91チャンネル [ようこそ櫻の国へ]尺八 
放送時間 6月21日(日)午前 8:30~ 8:55分

再放送  TOKYO MX2、92チャンネル[ようこそ櫻の国へ]尺八
6月27日(土)午後 16:30~16:55分

2015/06/01 体験してみました

体験してみました
東京に上京のおり午前の時間がありましたので音出しのレッスンを約一時間ほど 受けました
主に本曲の寒月でした。

やはり難しいですねぇ 今日のレッスンも含めて稽古ををつづけてみましょう!

関東周辺からは JR線上野駅→→→所要時間13分 東京駅→→→所要時間20分
             山手線大塚駅下車 徒歩7分

        地下鉄丸の内線東京駅→→→所要時間13分 
             新大塚駅下車 徒歩3分


マップ地図はこちら まずはお電話を 03-3980-1941

2015/05/12 尺八を試してみたい

現役会社社長趣味が無い自分に何かやってみたい
昭和26年生まれ、尺八をやってみたいと容山教室の体験に挑むが
なかなか音らしい音も出ない、ため息ばかりで終わるのはちょっとぉ!

容山もお付き合いします。頑張ってください

昨日の出来事でした。

2015/02/10 尺八レッスン

尺八レッスン
稽古風景

製作の合間を稽古にあてて楽しんでいる
指導も順調ばかりと言えないが相手の吹き方を研究する機会となっている。

皆々様 しっかりマイペースで頑張りましょう!稽古のご案内こちら

容山工房に受け継がれている「匠の技」

故玉井竹仙師工房に内弟子として入門そのまま丁稚番頭を務めあげ、尺八を作って販売する難しさも学びました。

現在は竹仙師の教えを基本に今まで培った尺八をつくる技を今の尺八作りにどう生かすか、今求められている尺八の音色音量、どう吹きたいかなど、尺八の多種多様性を追求する工房であり続けたいと思います。

  • 体験する
  • 買う
  • 吹く